MAINTENANCE

カーペットメンテナンス〜こぼした醤油の対処編〜

オレンジジュース、ホットコーヒーに続き、ご家庭内での代表的な汚れである「醤油」をこぼしてみました。

醤”油”と書きますが、油性ではなく水溶性です。

勢いよく醤油をウールカーペットにこぼします。

ウールは水分を弾く特性があるので、あまり染み込んでいないように見えます。
前回のコーヒーのときのほうが染み込んでいました。

5分ほど放置し、拭き取ってみました。

一度拭き取っただけではまだ醤油が残っています。
もう一度拭き取ってみると・・・

きれいに醤油を取り除くことができ、水分を弾くウール素材の特性のおかげでシミはほとんど残っていません。

ただ、しょうゆ独特の臭いが強く残っているので、ジュースやコーヒー同様の対処法を実施します。

お湯をたらします。

布巾で押し当て、水分を吸い出します。

お湯で吸い出すことで、臭いもほぼなくなりました。

醤油は色素が強いのでシミになるかと心配していましたが、思いの外きれいに除去できました。
ただ、今回は醤油が常温でしたが、温かい状態だと染み込みやすくなるかもしれません。

次回は1週間放置した醤油がきれいに除去できるのか、試してみたいと思います。

これまでの実験はこちら

カーペットメンテナンス〜こぼしたオレンジジュース編〜

カーペットメンテナンス〜こぼしたコーヒーの対処編〜